みんなで楽しく参加しよう!体験型施設とは?

>

昔の旅行は今とどう違っていたの?

時代と共に変化する旅行

旅行といえば長い間、観光旅行はメインでした。しかし旅行というのは元々人々が生きる為、生活の為にやってきたもので娯楽としての旅行が生まれたのは江戸時代からです。ひと昔前までは旅行といえば海外旅行、温泉など癒しを求めるものがほとんどでしたが、近年それが少しずつカタチを変えてきています。

国内だけではなく世界から注目を集めているのが体験型施設です。大人はもちろん、子供も楽しめる施設が数多くあるのでどんな年代の方でも良い経験が出来るといわれています。

人の娯楽は時代によって大きく変わっていきます。特に旅行は老若男女が楽しむ娯楽なので、ニーズに合わせてカタチを変えていかないとすぐにでも淘汰されてしまうでしょう。

価値観が変わってきた?

体験型施設は比較的新しいサービスなので、着目されるのは理解出来ます。しかし目新しさだけではなく、多くの人の考え方にマッチしているサービスの為、ここまで愛される様になりました。高度経済成長期の日本は大量消費・大量生産がステータスの時代でした。そのおかげで今の私達の暮らしがあるのですが、資源やモノは無限ではありません。

特にエネルギーは莫大なコストがかかるにも関わらず有限で、いつなくなってしまうかわかりません。環境破壊や地球環境の向上について考える方も増え、それがストック型社会を目指す理由になっています。

モノを消費するよりも自分の心や考えを大切にする方が増えた事で、体験型施設はより注目を集めているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る